ごぼう嫌いの私が感動した「権(ごん)」のごぼう天うどん


福岡のうどんの定番といえば「ごぼう天うどん」。

とか言いながら、実はごぼうが苦手だったりする。うどんのトッピングは、「ちくわ天」が最強だと思ってたりする。そんな非県民と言われても仕方がないような私が心の底から感動したのが、「練り込みうどん 権」のごぼう天うどんだ。

読み方は「けん」ではなく「ごん」

練り込みうどん 権

場所は、イオンモール福岡(旧ルクル)のすぐそば。前々からお店自体は知っていたが、行ったことはなく、「權」という店名の読み方もわかっていなかった。この漢字は、権の旧字体で「けん」ではなく「ごん」と読む。

津田屋流 豊前裏打会の加盟店

「練り込みうどん 権」は、大地のうどんなども加盟している豊前裏打会の一員。福岡では有名なので知っている人も多いが、「豊前裏打会」とは、津田屋官兵衛を発祥とするうどん屋さんのネットワークで、「オモテ」の讃岐うどんにも負けないという意味で「裏打会」というそうだ。

権のごぼう天うどん

権のごぼう天うどん

これが、権の「ごぼう天うどん(530円)」。これぞ豊前裏打会といったインパクトのあるごぼう天。もはやこのビジュアルにも驚かなくなったら立派な福岡県民だろう。奥に見えるのは、もちろん「かしわ飯(+200円)」。見た目にも美しい権のごぼう天は、ごぼう特有の苦味が少なく、噛むほどに旨みが染み出てくる。私のようなごぼうが苦手な人でも、これならきっと美味しいと感じるだろう。揚げ物なのに重たくなく、もたれないのも嬉しい。

上品な出汁も美味

あっさりと上品な出汁は、深い旨みがあり、美味しくてゴクゴク飲んでしまう。

コシのある細麺

そして、何と言ってもこの美しい麺。コシのある細麺で、ツルツルとした幸せな喉越しを堪能できる。この細さでこれだけのコシを実現しているのは、やはり技術力の高さなのだろう。

麺、出汁、ごぼう天、その全てが完璧。

特製唐辛子

豊前裏打会の特製唐辛子

もちろん、豊前裏打会の特製唐辛子もそろっている。個人的には、「黄柚子ごしょう」がお気に入り。

粕屋じゃなくて志免だった

粕屋町にこんな素敵なうどん屋さんがあるなんて知らなかったなぁなんて思ってたら、住所はギリギリ志免だった。

_______________
練り込みうどん 権
福岡県糟屋郡志免町大字南里34-4
Google Map で開く
食べログでチェック