【絶景】秋に咲く20万本のひまわり(大牟田市エコサンクセンターそば)

大牟田市のひまわり畑

夏のイメージが強い「ひまわり」。しかし、大牟田市にある「エコサンクセンター」近くのひまわり畑では、秋に20万本のひまわりを堪能できる。今年の夏はひまわりを見逃したという人は要チェックだ。(撮影日:2018年10月20日)
※2018年の一般開放は10月21日まで。



広告

一面に広がるひまわり畑

エコサンクセンターの近く

圧巻のひまわり畑が広がるのは、福岡県の最南端に位置する大牟田市。最南端とはいえ、高速を使えば福岡市内中心部からでも車で1時間20分ほどの距離だ。

20万本の向日葵

まずは、大牟田市のエコ交流拠点「エコサンクセンター」を目指す。そこから北へ200mほど進み、左手の細い道を入って行くと、ひまわり畑の駐車場に到着。車を降りると、目の前には約20万本のひまわり畑が広がる。

九州新エネルギー機構のひまわり畑

ここは、「㈱九州新エネルギー機構」のメガソーラー発電所敷地内。2017年から、この時期のみ、ひまわり畑を一般開放している。

 

フォトジェニックな向日葵

ひまわり畑の一本道

ひまわり畑の中央は、一本道。最高にフォトジェニックな撮影スポットだ。

太陽に向かって咲く向日葵

「向日葵」という名の通り、みんなが太陽に向かって咲いている。子供の身長ほどの高さで、少し小ぶりだが、それでもこれだけの数が並べば絶景だ。

向日葵と秋桜の共演

わずかだが、ひまわり畑の脇にコスモスを発見。めったにお目にかかれない、ひまわりとコスモスの共演だ。

 

2018年の一般開放期間

九州新エネルギー機構のひまわり畑

【2018年の一般開放】
期間:10月10日(水)~ 10月21日(日) 
時間:午前9時 ~ 午後5時
料金:無料
※ひまわりの生育状況によっては、開放期間を変更することがあります。

今回撮影したのが、終了日前日の10月20日。まだまだ見頃が続きそうだけに少し残念だが、2018年の一般開放は10月21日までとなっている。

 

[文・写真]山下侑一郎

20万本の向日葵
㈱九州新エネルギー機構のひまわり畑
(大牟田市エコサンクセンター近く)

福岡県大牟田市健老町
Google Mapでピンポイントの位置を開く
公式HPをチェック

 

−− 記事をSNSでシェア♪ −−

≪関連記事≫
−− 広告 −−