「かしいかえん シルバニアガーデン」がリニューアルオープン!何が変わったのか?


2017年の福岡はリニューアルラッシュだ。子どもたちが楽しみにしている3大リニューアル「かしいかえん」「マリンワールド」「福岡市科学館」。その先頭を切って3月16日にリニューアルオープンした「かしいかえん シルバニアガーデン」。かしいかえんは、どう生まれ変わったのか。最初の3連休に早速行ってきたので、写真付きで解説する。

 

待ちに待ったリニュアル

かしいかえん シルバニアガーデン

昨年11月に、リニューアルのため一時閉園。ようやく再開した最初の三連休。リニューアルを待ちわびた人たちが開園前から行列を作っていた。

「かしいかえん」は1938年に誕生し、都市型遊園地として福岡市民に親しまれてきた。2009年には、「かしいかえん シルバニアガーデン」として生まれ変わったかしいかえんだが、今回はどのように生まれ変わったのだろうか。

コンセプトは「まちのオアシス」

かしいかえんリニューアル

これまで小さな子ども連れの家族をメインターゲットにしてきたかしいかえんだが、今回のリニューアルで目指したのは“まちのオアシス”。

かしいかえん

「遊び」と「癒やし」が一体となり、親子3世代で楽しめる新しい遊園地へと変革を遂げた。

 

香椎花園にふさわしいフラワーガーデン

「癒やし」の中心に位置づけられたのは「花」だ。世界的なガーデンデザイナー石原和幸氏がフワラーガーデンをプロデュース。

フラワータワー

今回のリニューアルの象徴とも言えるのがこの「フラワータワー」。今は造花だが、今後、季節ごとに綺麗な花を咲かせるという。

フラワーアーチ

園内を横断するフワラーアーチ。

フラワーアーチ

フラワーアーチ

カメラを片手にのんびり歩くだけでも楽しめる。リニューアル前とは雰囲気ががらりと変わった印象だ。

フラワーキャッスル

フラワーキャッスル。園内随所にこういった癒やしのフォトスポットが誕生している。

緑の動物園

緑の動物園

緑の動物園。今にも動き出しそうな造形。

かしいかえんを漢字で書くと、「香椎花園」。そう、今更だが「花園(はなぞの)」なのだ。今回のリニューアルでまさにその名にふさわしい形に生まれ変わったといえる。

 

新しくなった観覧車

新しくなった観覧車

観覧車も新しくなった。かしいかえんにおいて3代目となる観覧車は高さ約36メートル。バリアフリー対応で、冷暖房も完備。

フラワータワーと観覧車

観覧車と先程のフラワータワー。遊びと、癒やし。そう、これが新しいかしいかえんだ。

海も見えて絶景

テッペンからは、海も見えてなかなかの絶景。なのだが最近すっかり高所恐怖症の筆者。。

正面ゲートの行列

開園して40分経つが、正面ゲートはまだこの行列。天気の良い週末は、しばらくこのくらいの混み具合だろうか。

 

新登場のアトラクション

ターバンメイズ

新設された「ターバンメイズ」。グルグルとスロープ上の立体迷路を登って行きながら頂上の鐘を目指す。

ウォーターショット

「ウォーターショット」。大きな水鉄砲でキャラクターの的を狙うシューティングアトラクション。子どもは、こういうの大好き。

スーパーコロン☆ブース道場

もともとあった「コロン☆ブース道場」に増設された「スーパーコロン☆ブース道場」。

スーパーコロン☆ブース道場

小さな子どもから大きなこどもまで大はしゃぎ。

 

お馴染みの人気アトラクションも健在

メリーゴーランド

もちろん、メリーゴーランドやゴーカート、ジェットコースターなどお馴染みの人気アトラクションも健在だ。

年代物のアトラクションも

中には、こんな時代を感じさせる乗り物も。これは筆者が子どもの頃来たときにもあったのだろうか。

森の鉄道

地味にオススメなのが、この「森の鉄道」。

森の鉄道

所々に、こういうちょっとコンセプトを見失ったような展示もあって、それはそれで楽しい。

夏にはレジャープールも

夏には、お馴染みのレジャープールもオープンする。ここのプールは、特に小さな子どもでも遊びやすいのが嬉しい。

 

ランチも充実

BBQコーナーも登場

リニューアルでレストランも充実した。「CLOVER GARDEN」ではバーベキューが楽しめたり、「シルバニア森のキッチン」にはビュッフェも。芝生エリアも充実したので、お弁当を持って来てピクニック気分を味わうのもオススメだ。

 

シルバニアガーデン

シルバニアファミリーショー

忘れてはならないのが、根強い人気を誇るシルバニアファミリー。平日は1回、土日は2回実施される「シルバニアファミリーショー」。子どもたちが目をキラキラ輝かせている。

あかりの灯る大きな家

「あかりの灯る大きな家」は、くるみリスファミリーのお家。

くるみリスファミリー

自分が小さくなってシルバニアファミリーのお家の中に迷い込んだような世界観。子どもたちだけでなく、昔シルバニアファミリーで遊んでいたお母さんたちも楽しそうだ。

森のマーケット

さらに「森のマーケット」には、歴代のシルバニアファミリーが年代ごとに展示されていたりして、母娘で楽しめる。

3世代で楽しめるようになった新しいかしいかえん。スペースワールが閉園するのは残念だが、その分、かしいかえんにはこれからも末永く頑張ってほしい。

________________
かしいかえん シルバニアガーデン 
福岡市東区香住ヶ丘7−2−1
Google Mapで開く