これはハマる!福岡のスリランカカレー おすすめ4+1選


スリランカカレー特集あなたは、何カレーが一番好きですか?

欧風カレー? インドカレー? タイカレー?
はたまた、日本の家庭的なカレー? いや、札幌のスープカレー? 門司港の焼きカレー?

この質問に対する答えは、一晩中考えても出ない。全部好きだ。

ただひとつ確かなことは、「スリランカカレー」が間違いなく上位に食い込むということだ。

 

スリランカカレーとは?

「スリランカカレー」と言われてピンと来ない人は、おそらくインドカレーとの違いがわからないのではないだろうか。日本人がインドカレーと言う時は、一般的に「北インドカレー」を指すことが多い。北インドカレーは、バターなどを使いドロっと濃厚で、ナンと合わせて食べることが多いのに対し、スリランカカレーは、サラッとしていて汁気が多く、ナンよりもお米のほうがよく合う。ちなみに、「南インドカレー」は、スリランカカレー寄りだ。

そして、重要な事実が2つ。

カレー好きにとって、スリランカカレーは“中毒性”が高いということ。
そして、福岡のスリランカカレーはレベルが高いということ。

 

東方遊酒菜ヌワラエリヤ

ヌワラエリヤ

福岡のスリランカカリーは、このお店抜きに語れない。今から30年近く前から福岡の地で営業し、福岡にスリランカカレーを広めた老舗の人気店「東方遊酒菜ヌワラエリヤ」。現地人シェフが作るスリランカカレーは、まさに本格派。福岡のカレー好きなら一度は行ったことがあるだろう。

場所は、警固の交差点の近く。ランチメニューは、「スリランカカリー」「ヌードルカリー」「ドライカリー」「イングランドカリー」の4種類。写真は、定番の「スリランカカリー」で、スパイスライスに「チキン」「豆」「野菜」の3種類のカレーが盛られている。プラス50円で「リアルレッド」という激辛を選ぶこともできるが、初めてならまずはノーマルがおすすめ。ノーマルでも十分辛い。

まろやかなココナッツミルクとスパイスの奥深い香りが、刺激的でクセになる美味しさ。ジワジワとくる辛さがどこか心地いい。

_____________
東方遊酒菜ヌワラエリヤ
福岡県福岡市中央区赤坂1-1-5 鶴田けやきビル 2F
Google Mapで開く
食べログでチェック

 

不思議香菜ツナパハ

不思議香菜ツナパハ

ヌワラエリヤの姉妹店で、ともに福岡の代表格ともいえる「不思議香菜ツナパハ」。場所は、天神西通り。メニュー構成は、ヌワラエリヤと似ているが、ヌワラエリヤは3種類のカレーが盛られるのに対し、こちらは「チキン」と「ポテト」の2種類。そして、ツナパハのほうがやや辛めだ。

写真は「ヌードルカリー」。スリランカカレーファンの中には、スパイスライスよりもヌードルを好む人も多い。スリランカカレーのヌードルは、野菜とビーフンを炒めたもの。最初は少し戸惑うかもしれないが、ライスよりもカレーがしっかり染み込んで、カレーとの相性の良さに驚くだろう。しっかりと煮込まれたホロホロのチキンと、ホクホクとした大きなじゃがいもも抜群の美味しさ。セットのサラダにかかっているドレッシングもお気に入り。

______________
不思議香菜ツナパハ
福岡県福岡市中央区大名2-1-1 野見山ビル 5F
Google Mapで開く
食べログでチェック

 

ヘラ味屋

ヘラ味屋のライス&ヌードル

博多駅南のきよみ通り沿いに位置する「ヘラ味屋(あじや)」。場所は市内中心部から少し外れるが、オーナーはツナパハ出身で、現地人シェフが本格スリランカカレーを提供する。

ヘラ味屋では、ライスとヌードルが同時に楽しめる「ライス&ヌードル」がおすすめ。どちらか一つに決めきれない人にはうってつけのメニューだ。それぞれ食べても良し、混ぜて食べても良し。ハート型に盛られたスパイスライスに、陽気なシェフの人柄を感じる。

_________________
ヘラ味屋
福岡県福岡市博多区博多駅南6-14-40
Google Mapで開く
食べログでチェック

 

オスアシリ アーユルヴェーダ ダイニング サロン

オスアシリのスパイシーココナッツカリー続いて、2015年の夏、香椎にオープンした期待の新星「オスアシリ アーユルヴェーダ ダイニング サロン(OSUASIRI AYURVEDA DINING SALON)」。ヌワラエリヤ&ツナパハの2強時代に新たな風を吹かせている。食べログの点数の高さも、ひと口食べればすぐに頷ける美味しさだ。

ランチメニューは、イエローライスのAセット、ベジタブルヌードルのBセット、ライスかヌードルが選べてロティとココナッツサンボル、3種類のトッピングがついたCセットの3種類。写真はAセット。チキンが2つに、大きなポテトとダールカリー。どれも絶品だが、特にダールカリー(写真左下)が一押し。辛さは、ポテトカリーの量で調整される。刺激的な辛さの中にしっかりとコクが感じられ、スリランカカレーファンを満足させるクオリティの高さだ。

_________________
オスアシリ アーユルヴェーダ ダイニング サロン
福岡県福岡市東区千早5-18-2
Google Mapで開く
食べログでチェック

 

ルーはおかわりできる

ルーのおかわり

ちなみに、多くのスリランカカレー屋さんでは、ルーのおかわりができる。メニュー表などにしっかり書かれていない場合もあるので、事前に確認したほうがいい。おかわりできる場合は、その前提でライスやヌードルのペース配分を行う。そうすれば、最後の最後まで存分にカレーを堪能でき、満足感がさらに高まる。

 

食後のアイスが嬉しい

ヌワラエリヤのアイス

スリランカカレーは、その辛さゆえ、サラダやドリンクだけでなく食後のアイスがセットになっていることが多い。上の写真は、ヌワラエリヤのマンゴーソースがかかったアイス。

ツナパハのアイス

続いて、ツナパハのブルーベリーソースがかかったアイス。

ヘラ味屋のアイス

ヘラ味屋のチョコレートアイス。

オスアシリのアイス

オスアシリのココナッツオイルがかかったアイス。

スリランカカレーで燃えるような口の中に、食後のアイスはかなり嬉しい。

 

【番外編】 ユーカリー

スリランカ風チキンカレー

番外編として、最後にどうしても紹介しておきたいのが西区野方の交差点近くにある「ユーカリー」。ここのスリランカ風チキンカレーは、“現地人シェフが作る本格スリランカカレー”ではないものの、本場のそれを日本人好みに程よくアレンジされている。そのサジ加減が絶妙で、スリランカカレーのビキナーから玄人まで幅広くオススメしたい一皿だ。辛いものが全くダメな人やキッズ用のメニューもあるので、家族連れでも行きやすい。

_______________
ユーカリー
福岡県福岡市西区野方1-22-24
Google Mapで開く
食べログでチェック