福岡の「道の駅」満足度1位は? 九州じゃらんがランキングを発表

道の駅 満足度ランキング

旅行情報誌『九州じゃらん』は、読者が選んだ九州・山口 道の駅満足度ランキング2018年調査結果を発表しました。満足度第1位に輝いたのは、3年連続で福岡のあの道の駅です!



広告

 

TOP10に福岡から6つランクイン

道の駅 満足度ランキング

1位は「うきは」、2位「むなかた」。どちらも3年連続。獲得点数を見ると、3位以下と大きな差があり、満足度の高さがうかがえます。筆者も訪れたことがありますが、どちらもたくさんの人で賑わっていて、また来たいと思える道の駅でした。

そして、5位に「おおとう桜街道」、6位「原鶴」、8位「くるめ」、10位「豊前おこしかけ」。1位から10位までに、福岡の道の駅が6つもランクインしました。

 

1位:道の駅うきは

「うきは」(福岡県)は、地元農家を中心に仕入れた新鮮な産直野菜&果物が売り場面積の7割を占めており、種類・出荷量ともに豊富な点が支持されている。2018年4月に情報交流拠点・レンタサイクルステーション「ウキハコ」がオープンし、近年観光客が増えている「うきはエリア」の情報提供の場としても進化している。プレスリリースより

◎回答者のフリーアンサー
「いつ行っても四季折々の果物や野菜が充実している」
「とにかく品揃えがいい!新鮮で安い!」
「自宅用と贈答用と品揃えが幅広いので、宝探し気分でお買い物が楽しめます!」
「スタッフが生き生きしている」
「ウッドデッキから見渡せるうきはの街並が素敵」
「地元の方々の、地元を愛する気持ちが伝わってくる」

道の駅うきはの公式HPはこちら

 

2位:道の駅むなかた

2位の「むなかた」(福岡県)も3年連続同順位で、毎日地元の漁港から直送される鮮魚の充実度のほか、陳列方法やポップが工夫されており買物のしやすさが好評。プレスリリースより

◎回答者のフリーアンサー
「新鮮な海産物が豊富」
「とにかく活魚が豊富で安い」
「キレイで商品陳列がよくできて見やすい!」
「食堂の料理が全部美味しい」
「パン屋のクオリティが高い」

道の駅むなかたの公式HPはこちら

 

【調査概要】
◎調査時期:2017年11月1日(水)~2018年1月31日(水)
◎調査対象:『九州じゃらん』2017年12月号・2018年1月号・2018年2月号の読者
◎調査方法:下記発売号にアンケートと指定のURLを掲載し、パソコン、もしくは携帯電話・スマートフォンからアクセスして返答『九州じゃらん』2017年12月号(2017年11月1日発売)、2018年1月号(2017年12月1日発売)、2018年2月号(2017年12月28日発売)※いずれも宿泊券を賞品としたクローズド懸賞として公募
◎有効回答数:978人
◎対象道の駅:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、山口県の8県から、計150の道の駅を選択肢として設定
プレスリリースはこちら

 

−− 記事をSNSでシェア♪ −−

≪関連記事≫
−− 広告 −−