もう他の唐揚げ定食は食べられない!「とり田 博多本店」の唐揚げ定食が好き|中洲川端


とり田のから揚げ定食

言わずと知れた、福岡の水炊きの名店「とり田」。

そのとり田の「博多本店」が、2014年に博多座の裏手にオープンした。

ランチメニューは、「親子丼」「唐揚げ定食」「鶏天丼」「お昼の水炊きセット」の4種類。

親子丼も名物のようだが、おすすめは、「唐揚げ定食 880円(税別)」。

一見するとカリッと固めの唐揚げに見えるが、一口噛むと、とても柔らかく、驚くほどジューシー。

おろしポン酢につけていただくのだが、こんなに上品で美味しい唐揚げは、他で食べたことがない。

美味しいだけじゃなく、唐揚げも野菜もボリュームがしっかりしているのが嬉しい。

とり田の柚子胡椒
順序が逆になったが、オーダーするとまず、水炊きのスープが出てくる。

さすが水炊きの名店の味。
その優しさに心が休まる。

そのままでも充分美味しいが、特製の柚子胡椒をつけてもまた味わい深い。