唐戸市場で絶品寿司ランチ!おすすめは?|下関市


唐戸市場の寿司

寿司好きには“夢の国”とも言える場所がある。

山口県下関市の「唐戸市場(からといちば)」だ。

福岡市内からは、九州自動車道を通って、車で約1時間半。

市場にずらりと並ぶ新鮮な寿司は、まさに圧巻。

お勧めの寿司から近郊のスポットまで詳しく紹介する。

 

週末限定開催「活きいき馬関街」!営業時間は?

唐戸市場

唐戸市場で、週末のみ開催される「活きいき馬関街(ばかんがい)」。

 <開催時間>
 金曜日及び土曜日:10時~15時
 日曜日及び祝日:8時~15時

馬関街

この期間は、一般開放された市場内に屋台が並び、その日あがった魚の握りや海鮮丼などを購入することができる。 

活きいき馬関街の寿司

並ぶネタはどれも新鮮で、金額以上のクオリティ。

どれも美味!

お店の人からトレイを受け取り、好きなネタを自分で取り寄せていく。

寿司が好きな人なら、間違いなくテンションが上がる。

寿司のテーマパークと言ってもいいだろう。

唐戸市場の海鮮丼

見よ、この贅沢な海鮮丼の数々。

お腹を空かせて来ないと必ず後悔する場所だ。

揚げ物

お寿司だけでなく、揚げ物を売っている店舗もある。 

ウニとタコ持ち帰り用の生魚なども売っているが、ほとんどの客は、その場で食べるお寿司や海鮮丼がお目当て。

 

おすすめの店舗とネタは?

どれを食べるか悩ましい店舗もいろいろあるし、ネタも豊富。

どの店を選んでいいか迷ってしまうだろうが、おすすめの店舗があるわけではない。それほど、どの店もレベルが高い。

強いていえば、客が集まっている店は間違いが少ないが、各店舗のネタを自分の目で見て回り、これだと思うものを選ぶのが一番だ。それがここの醍醐味でもある。

ネタに関しては、ここでしか食べれないものを積極的に食べるべきだろう。

トラフクとトラフク白子

下関と言えば「ふぐ」だ。

「トラフク」と「トラフク白子」は外せない。

のどぐろ

唐戸市場の中でも人気が高いのが写真の右2つ「のどぐろ」だ。

個人的にもお気に入りのネタで、脂がのったのどぐろの炙りは絶品。

高級魚で、別名はアカムツ。

まぐろ脳天

まぐろの脳天もオススメ。

希少部位がお手頃な価格で食べれるのが嬉しい。

ふく汁

寿司のお供に忘れてはならないのが、下関名物「ふく汁」。

唐戸市場の外天気が良ければ、唐戸市場の外で買ったものを食べることができる。

関門海峡を眺めながら食べるお寿司は、なんとも格別である。

唐戸市場の屋上意外と知られていない唐戸市場の屋上。

お腹いっぱい食べたら、屋上の芝生に寝転がって一休み。

 

唐戸市場の周辺スポット

せっかく下関まで来たのだから、ついでに周辺のスポットも観光しておきたい。

カモンワーフと海響館唐戸市場のすぐ隣には、「カモンワーフ」というモールがあり、その奥は「海響館」だ。

歩いて行けるので、唐戸市場でお腹いっぱい寿司を食べたら、その流れで観光するのにちょうどいい。

ジェラテリア バンビーニ

お腹いっぱいと言っても、甘いものは別腹。

カモンワーフの中にあるジェラテリア「バンビーニ」のジェラートはデザートにオススメ。

バンビーニのジェラート

甘くて濃厚な絶品ジェラート。

はい!からっと横丁

海響館の奥には、コンパクトな遊戯施設「はい!からっと横丁」がある。

観覧車やメリーゴーランドなどをさくっと楽しむことができる。

関門トンネル人道入口

今、ひそかに観光客を集めているのが「関門トンネル人道」。

関門トンネル人道

歩行者は無料で通ることができる。

県境

福岡県と山口県の県境は、撮影スポットになっている。

門司港レトロ関門海峡を渡れば、門司港もすぐそこだ。

焼きカレー

朝早起きすれば、唐戸市場で贅沢な朝食を食べて、お昼は門司港レトロで焼きカレーなんていう食い倒れツアーも可能だ。

 

唐戸市場のアクセスと駐車場

これだけ魅力的な唐戸市場。混雑しないわけがない。

下関ICを降りて間もなく、唐戸市場まで長い渋滞が発生することもある。朝早めに行くのがオススメだ。

逆に、閉店間際の「安売り」を狙って行くのもひとつの手。

駐車場もすぐに満車になるが、海響館や下関市役所など、徒歩圏内に他の駐車場もあるので活用しよう。

詳しくは、こちら

■唐戸市場
住所:〒750-0005 山口県下関市唐戸町5−50