ふわふわ、とろーり!隠れ家的な名店「博多.今宿 治七のクリームパン」


治七のクリームパン今宿の住宅地にひっそりと隠れたクリームパン専門店がある。

その名は、「博多.今宿 治七のクリームパン」。

「治七」は、「じひち」と読む。

営業時間は、10時~19時。ただし、パンがなくなり次第終了となる。

全種類のクリームパンが焼き上がるのは、13時頃なので、その頃を狙っていくのがベストだ。

初めて行くと、本当にこんな場所にお店があるのだろうかと不安になるが、看板も出ているので、その通りに進んで行けば問題ない。

治七のクリームパン

常時作られているクリームパンの種類は全部で7種類。

定番のカスタードに加え、紅茶、きなこ、黒ごま、ココア、かぼちゃ、おさつ。

ひとつ食べれば、全部の種類をコンプリートしたくなる美味しさ。

さらに、季節限定の味もあるため、リピーターを飽きさせない。

治七のクリームパン

パンは、普通のものより長めに発酵している。そうすることで、生地がふわふわに仕上がるという。

カスタードクリームは、柔らかいのが特徴で、甘すぎない。

素朴な味の生地が、クリームの味をしっかりと引き立てている。

焼き立ては特にクリームがトロトロで、美味。

紅茶のクリームパン

これは、紅茶味。

紅茶の香りが芳醇で、カスタードに比べ、上品な味わい。

飲食スペース

お店の外には、ログハウスのような飲食スペースがあり、焼き立てをそこで味わうことができる。

コーヒーは無料さらに、挽きたてのコーヒーを無料でいただくこともできる。

場所は今宿で、糸島の玄関口にあたるため、糸島への行き帰りについつい立ち寄りたくなるお店だ。