「資さんうどん」と「牧のうどん」、結局どっちが好きなのさ?


福岡のうどんファンにとって、非常に難しい問題を投げかけてしまった。「資さんうどん」と「牧のうどん」、結局どっちが好きなのさ? コシの強い讃岐うどんよりも、柔らかい麺の博多うどんが好きな人にとっては、特に悩ましい2択。

牧のうどん

福岡県糸島市発祥の「牧のうどん」。

資さんうどん

片や、北九州発祥の「資さんうどん」。

どちらも長きにわたって地元民に愛され続けるソウルフード。どこの店舗に行っても、必ずと言っていいほど、店内はほぼ満席、駐車場は満車状態だ。

両者ともに、大好きなお店なので甲乙つけがたいが、今回は、敢えて甲乙つけてみるとする。

人気No.1メニュー対決

どちらも名称こそ違えど、人気No.1メニューは「肉&ごぼう天うどん」だ。うどんのトッピングでごぼう天が人気なのは福岡ならでは。

牧のうどんの「肉ごぼううどん」

こちらは、牧のうどんの「肉ごぼううどん(税込650円)」

資さんの「肉&ゴボ天うどん」

そして、こちらが資さんうどんの「肉&ゴボ天うどん(税込680円)」。

正直に言おう。この2品だけを比べれば、牧のうどんに軍配が上がる。もちろん個人の好みの問題だが、牧のうどんの甘めに煮込まれたお肉の味が何とも言えない。スープや、やわらかくてもっちりとした麺にお肉の甘みが染み渡り、一度食べるとクセになる美味しさ。ごぼう天との相性も抜群だ。

 

じゃあ資さんうどんは嫌いなの?

それじゃあ、「資さんうどん」より「牧のうどん」の方が好きなのか? いや、そう単純な問題ではない。なぜなら、資さんうどんの人気の秘密は、豊富なメニューのラインナップにあるからだ。メニューの豊富さで比べれば、資さんうどんは牧のうどんを凌駕する。

資さんうどんのぼた餅

言わずと知れた、資さんうどんの人気サイドメニュー「ぼた餅(120円)」。自家製の粒あんは、創業者が苦心に苦心を重ね完成させた味だという。絶妙の甘さと塩加減。このぼた餅が食べたくて資さんうどんに行くことも少なくない。

焼きうどんも人気

知る人ぞ知る、資さんうどんの裏人気メニュー「焼うどん(700円)」。メニューにも「新名物」と書かれているほどで、筆者も最近は焼きうどんばかり注文している。濃すぎずしっかりとした味付けで、モチモチの麺との相性が絶妙。

資さんのおでん

うどん屋なのに、なんと「おでん」!?セルフサービスで好きなものを選べる。お持ち帰りも可。

資さんのおでん

しっかり味が染み込んでいて、ひとつひとつが大きめサイズ。うどんが来る前にお腹いっぱいにならないように要注意。

 

で、結局どっちが好きなのさ?

ありがちなオチだが、結局甲乙つけがたい。

  • 肉ごぼうを食べるなら、牧のうどん。
  • いろいろ食べたい時は、資さんうどん。

今のところ、そういう使い分けがベストかなぁと。。