「中華めし 下釜」のレタスチャーハンは驚きの見た目と感動的な旨さ!|西新


中華めし 下釜

2015年にオープンしたお店の中で、今のところ一番衝撃を受けたのが、西新にある「中華めし 下釜(しもがま)」だ。

下釜の店内

いわゆる「中華料理店」のイメージとは異なり、上品でオシャレな店内。

「ちゃんぽん」も捨てがたいが、このお店のイチオシは、「レタスチャーハン(800円)」だ。

レタスチャーハンと言っても、誰もが想像するような見た目のレタスチャーハンではない。

何も知らずにこれが出てくると驚かずにはいられない。

レタスチャーハン

これだ。

炒飯の上にレタスがどっさり。

レタス on チャーハン。

レタスチャーハン

恐る恐るレタスをめくると、、

中には、トンテキのような分厚い豚肉がゴロゴロ。

まずは、スプーンでレタスとチャーハンをよくかき混ぜる。

レタスチャーハン

すると、レタスがしんなりしてきて、いわゆるレタスチャーハンに近い見た目に。

まずは、何もかけず、そのままいただく。

豚肉がジューシーで香ばしく、シャキシャキのレタス、そして卵との相性が抜群。

見た目も驚きだが、その味にも驚く。

上品であり豪快な美味しさ。

「うまい」という言葉が、自然と力強く出てくる。

辛味噌

お好みで、辛味噌や福神漬を入れたり、ポン酢をちょっとかけてみても美味しく、味の変化を楽しむことができる。

今すぐ誰かに教えたくなる、そんなレタスチャーハンだ。