並んでも食べたいパフェがある!ぶどうのたね「坂の下の店」in うきは市

cafe 坂の下の店 BUDOUNOTANE

「パフェには夢がある」と誰かが言った。アイスに、フルーツに、プリンに。何をのせたっていい。夢は果てしなく広がる。うきは市にある『cafe 坂の下の店 BUDOUNOTANE』のパフェは、まさに夢のようなパフェだ。パフェ好きなら、わざわざ行って、並んででも食べておきたい。



広告

 

隠れ家的人気スポット
「ぶどうのたね」

ぶどうのたね

うきは市の田畑が広がる中に、ひときわ人が集まる一角がある。カフェや和菓子店、ギャラリーなどがあり、これら全てを合わせて「ぶどうのたね」という。

坂の下の店

今回訪れたのは、それらの店舗が集まるエリアの中で、坂の一番下に位置するカフェ。その名も「cafe 坂の下の店」。2017年の春にオープンした新しいお店で、青い外壁と木目のテラスが特徴的。ランチも人気だが、本日のお目当てはパフェだ。

 

夢がつまったパフェ

たねのプリンパフェ

まずは、昔ながらのプリンがドカンと鎮座する『たねのプリンパフェ(1,404円)』。これぞ、プリン好きが夢に見たパフェだ。

フルーツもぎっしり

なめらかなプリンのまわりには、季節のフルーツがぎっしり。その下に隠れているアイスも全て自家製だという。中にはほうじ茶のゼリーが入っていて、こども心とおとなの味、懐かしさと新しさがが入り交じる。満足度の高い一品。

抹茶パフェ

続いては、星野産の抹茶を使用した『抹茶パフェ(1,188円)』

「豆たん」をトッピング

濃厚な抹茶アイスに、あずき、ほうじ茶ゼリーが見事にマッチし、おとな好みの和テイストなパフェ。同じ「ぶどうのたね」の中にある「和菓子 葡萄家」で人気の『豆たん』もトッピングされている。

 

うきはのフルーツを使った
季節限定パフェ

ぶどうのたね

どれも美味しかったが、個人的に一番感動したのはこれかもしれない。季節限定『ぶどうのパフェ(1,404円)』。フルーツ王国うきはで採れたぶどうが、これでもかと言わんばかりに盛られている。“飾り” ではなく、正真正銘、ぶどうが主役のパフェだ。

ぶどうと3種類のアイス

アイスは、ヨーグルト、バニラ、豆乳の3種類。シャインマスカットや巨峰など、それだけでも美味しいぶどうを、アイスとからめながら頬張る。それはもう、幸せ。

掘り進めると、白ワインのゼリーの下からさらに巨峰が顔を出す。底に敷かれた自家製のグラノーラとからめると、また一風変わった味わいを楽しめる。季節限定なので、いま、この時期に食べておきたい。

他にも、『ピスタチオパフェ』や『コーヒーゼリーパフェ』など、魅惑的なパフェがメニューに並ぶ。次に来る “季節限定” は何だろうか。梨だろうか。柿のプリンも食べてみたい。夢はどこまでも広がる。

 

[文・写真]山下侑一郎

ぶどうのたね 坂の下の店
ぶどうのたね 坂の下の店
福岡県うきは市浮羽町流川349−1
Google Mapで開く
公式HPをチェック

 

周辺のおすすめスポット

お土産にもぴったり!ぶどうのたね「和菓子 葡萄家」の豆たん
うきはの絶景! 91基の鳥居が連なる「浮羽稲荷神社」
彼岸花の名所「つづら棚田」− うきは市に残る美しい原風景

 

−− 記事をSNSでシェア♪ −−

≪関連記事≫
−− 広告 −−