「能古うどん 博多デイトス店」は博多めん街道の穴場的おすすめ店!博多とも讃岐とも違う麺とは?


博多デイトス 博多めん街道

博多駅の博多デイトス2階にある『博多めん街道』。「Shin-Shin」や「だるま」、「一幸舎」といった博多ラーメンなどの名店が集結し、休日には驚くほどの行列を作っている。「めん街道」という名前の通り、ラーメンだけでなく、うどんや焼きそば、坦々麺のお店も入っているが、旅行客が多い博多駅だけあって、どうしても「博多ラーメン」に人気が集まってしまう。

そんな『博多めん街道』において、穴場的なオススメ店が「能古うどん 博多デイトス店」だ。

たらいうどんセット

おすすめはのメニューは、「たらいうどんセット(税別690円)」。

風情を感じる「たらい」に入ったうどん。嬉しいことに、麺の増量が無料。写真は、増量してもらったもの。冷たいうどんと温かいうどんを選べるが、冷たいうどんをオススメしたい。

「能古うどん」とは、能古島生まれのうどんで、その麺は、「博多うどん」とも、「讃岐うどん」とも一線を画す。

細麺なのにコシが強い

いわゆる「博多うどん」は、柔らかい麺が多いが、「能古うどん」は、コシが強い。かといって、讃岐うどんほどの強さではなく、モチモチとした歯ごたえと、細麺ならではの「のど越しの良さ」が楽しめる。たらいの冷たい氷水が、麺をより引き締めてくれている。

写真でもわかるとおり、麺の外側(エッジ)が立っているのが、極上のコシを持つ証だ。

香ばしいかしわ飯

セットの「かしわ飯」も人気が高い。香ばしく、濃いめの深い味わいがクセになる。うどんとの相性も抜群だ。

この味で、かしわご飯が付いて、この値段はコスパが高い。さらに、会計時に、次回使える「1割引券」がもらえる。リピート決定だ。