大人の隠れスポット『みのう山荘』。高台にある日帰り温泉とカフェが素敵な癒し空間!|田主丸


みのう山荘耳納連山の高台にひっそりと隠れた、極上の癒しスポットがある。

筑後平野を一望することができる贅沢な景観。

そんな場所にあるのは、源泉かけ流しの日帰り温泉施設と素敵なカフェ。

都会の喧騒からかけ離されたその場所で、ゆっくりと流れる時間を堪能してほしい。

みのう山荘の日帰り温泉

みのう山荘の入り口

敷地内にあるのは、カフェと温泉のみ。

入口の左手にあるのがカフェで、右手奥にあるのが温泉施設だ。

みのう山荘の階段

受付で料金を支払い、階段を上ると男女別れた入口がある。

ちなみに、料金は、大人(中学生以上)が700円、子供は(3歳〜小学生)400円。

源泉かけ流しのややぬるりとした優しいお湯。

展望露天風呂からは、田園風景が広がる筑後平野の大パノラマを堪能できる。

いつまでも入っていたくなるほど極上のリラックスタイムだ。

(動画は、YouTubeで見つけたものをシェアしています。)

家族風呂もあり、露天風呂付きと内湯のみの2タイプ。

コインタイマー式なので、常に一番風呂という贅沢さ。

みのう山荘からの眺望

お風呂から上がっても引き続き眺望を楽しめる。

温泉の地熱を利用した蒸し器もあるので、受付で卵を買えば、蒸し卵をいただくことができる。

石のテーブル少し降りると、石でできたテーブルがある。

この場所でのんびりと語らいながら、ゆったりと過ごすのもまた贅沢だ。 

 

みのう山荘のカフェ

みのう山荘のカフェ

大きな窓とその窓に向いたカウンター席。

温泉施設と併設されたカフェでは、美味しいドリンクを飲みながら、贅沢な時間と眺望を味わうことができる。

りんごジュー酢

注文したのは、「りんごジュー酢 (450円)」。

すりおろし林檎とりんご酢が入っていて、さっぱり爽やかなドリンク。

他にも、一般的なコーヒーや紅茶だけでなく、赤ぶどう酢をミルクで割ってバニラアイスを乗せた「べりーすミルク (650円)」など、このカフェならではのドリンクも提供している。

クレミア

ちなみに、今話題のプレミアムなソフトクリーム「CREMIA(クレミア)」も販売している。

久留米では第1号店だそうだ。

 

みのう山荘へのアクセス

みのう山荘は、大人の隠れ家という言い方がピッタリだが、言い方を変えると、場所が少しわかりづらい。

〒839-1211 福岡県久留米市田主丸町森部1206

福岡市内からは、車で1時間弱。

よく場所をチェックしてから出発しよう。

田主丸は、うきは市のすぐ隣なので、うきは市を観光した後に、「みのう山荘」に立ち寄るというのもオススメの日帰り旅行プランだ。

<関連記事>
【日帰り小旅行】うきは市を観光するなら行くべき3つのおすすめスポット