息を呑む絶景! 御船山楽園 20万本のツツジが咲き誇る

御船山楽園花まつり

佐賀県武雄市の御船山楽園にて「花まつり」が開催されています。



広告
つつじは「久留米」「平戸」など約20万本。 そして、 萩野尾御茶屋脇の推定樹齢170年の大藤や新緑が美しい春モミジなど、 春から初夏にわたるイベント期間を通じて花々のリレーが繰り広げられます。プレスリリースより
御船山楽園の久留米つつじ

ツツジ谷の久留米ツツジ

御船山の断崖下に広がるツツジは、赤、白、ピンクと色彩豊かで、まさに“花の絨毯”。この絶景は、1年でこの時期にしか見ることができない。

2010年に国登録記念物(名勝関係)に登録された「御船山楽園」。福岡市内中心部からは、車でおよそ1時間20分。今年の久留米ツツジの見頃は4月13日〜4月22日頃までとのこと。この機会にぜひ訪れてみたい。

【花まつり】
2018年5月6日(日)まで
開園時間:8:00~18:30
入園料:大人700円/小学生300円
※大人は中学生以上、子供は小学生まで。

※画像・動画はプレスリリースより

◆関連URL:http://www.mifuneyamarakuen.jp/spring/
◆プレスリリースはこちら

−− 記事をSNSでシェア♪ −−

≪関連記事≫
−− 広告 −−