肉うどん290円!「小麦冶」のうどんは衝撃のコスパ

小麦冶のざるうどん

福岡のうどんチェーンと言えば?  よく名前が挙がるのは、“福岡三大うどん” とも呼ばれる「ウエスト」「牧のうどん」「資さんうどん」。だが、しかし! 県内に12店舗を展開する「小麦冶(こむぎや)」も忘れてはならない。コストパフォーマンスなら、それらに勝るとも劣らないだろう。



広告

郊外を中心に12店舗

小麦冶 箱崎本店

「小麦冶」に行ったことがなくても、看板には見覚えがあるのではないだろうか。運営しているのは、「博多ラーメン はかたや」や「生粉蕎麦 玄」なども運営している「昭和食品工業」。東区箱崎に本店を構え、福岡県内に12店舗を展開している。

福岡市内にあるのは、「箱崎本店」「松崎店」「橋本店」「空港店」の4店舗のみで、糟屋郡や筑紫野市などの郊外に店舗が多い。

 

「かけうどん」は160円

小麦冶のメニュー

メニューを開くと、その安さに驚く。「かけうどん」が、なんと160円。ネギも天かすも乗っていない「素うどん」にいたっては、140円という衝撃の価格だ。

具が乗ったら急に高くなるのかと思いきや、人気の「肉うどん」「ごぼう天うどん」「カレーうどん」がどれも290円。他のうどんチェーンと比べても、目を疑う安さだ。全て税抜き価格なので、消費税は上乗せされるものの、それでも間違いなく安い。

トッピングも安い

うどんの大盛りはプラス80円。トッピングも安いので、気軽に好きな具材を追加できる。

 

もっちりした麺に、やさしいスープ

小麦冶の肉うどん

まずは、「肉うどん(290円)」。一般的な肉うどんに比べると、お肉の量が少なめかもしれないが、290円という値段を考えれば十分すぎる。なんなら、トッピングでお肉を追加(プラス130円)しても、420円だ。

三種盛うどん

人気の具材 “肉” “ごぼう天” “わかめ” が乗った「三種盛うどん」は、お得感満載の380円。

スープをひとくち飲むと、思わず「あぁ、おいしい」と言葉がこぼれる。「値段の割には」というわけではない。鰹の風味がしっかり効いた、飽きのこない、やさしいスープだ。

柔らかくもっちりした麺

麺は、博多うどんらしい柔らかさ。ただ柔らかいわけではなく、柔らかさの中にもっちりとした心地よい食感がある。「ちくごいずみ」という九州で中心に収穫される小麦を使用しているそうだ。

安くてもボリュームは十分。これで380円というのは、やはり信じられない。

小麦冶のカレーうどん

こちらの「カレーうどん」も290円。まろやかでとろみのあるカレーと柔らかい麺がよく絡み合っている。具が物足りないという人は、トッピングを利用しよう。個人的には、かぼちゃ天(プラス120円)がオススメだ。

小麦冶のかしわおにぎり

「かしわおにぎり」は2個入りで140円。1個から注文可能。

大盛りにしたり、トッピングをしたり。お腹いっぱい食べてもせいぜい500〜600円程度。あまりの安さに、筆者も最初は侮っていたが、食べてみてそのコスパの高さに驚いた。職場の近くに店舗があったら毎週のように通うことだろう。

ちなみに、以前とは麺もスープも変わっているようなので、最近行ってないなぁという人も、久しぶりに行ってみてはいかがだろうか。

 

[文・写真]山下侑一郎

小麦冶 箱崎本店
小麦冶 箱崎本店
福岡市東区箱崎4丁目9-38
Google Mapで開く
公式HPをチェック

 

−− 記事をSNSでシェア♪ −−

≪関連記事≫
−− 広告 −−