老舗「岩井屋」のかき氷で福岡の夏を感じる。|愛宕神社


岩井屋福岡市西区、愛宕神社のお膝元にある老舗のお茶屋「岩井屋」。

創業は、なんと元禄2年(1689年)。

当初は旅籠屋(食事付きの宿屋)だったが、時代とともに業態が変わり、現在の甘味茶屋としても100年以上の歴史があるという。

いわい餅

名物は、この「いわい餅」。

愛宕神社の参拝客は、参拝後、当然の流れのように、この岩井屋でいわい餅を食す。

正月には、初詣客がとんでもない列を作る人気の店だ。

そんな岩井屋では、夏になるともう一つの名物が登場する。

それが、「かき氷」だ。

抹茶大納言小豆かけ

「抹茶大納言小豆かけ(1,000円)」。

小豆は、さすがの美味しさ。抹茶も大人好みの上品な味だ。

花火をつけて提供されるかき氷は、風情たっぷり。

岩井屋の店内

店内は、まさに古き良き時代の日本の古民家。

敢えてクーラーではなく、扇風機。

風鈴

暑い中、風鈴の音を聞きながら食べるかき氷は格別である。

田舎に遊びに来たような気分にもさせてくれる。

みつかけ いちご

こちらは、シンプルな「みつかけ (500円)」のいちご味。

程よい大きさ。

特製あわ雪 バニラ

「特製あわ雪 バニラ(700円)」。

かき氷のような、アイスのような、ミルクセーキのような。

キンキンになるおでこを押さえながら、セミの声に耳を傾ける。

これぞ夏の過ごし方。