【福ふくの里】一面に広がる菜の花畑が絶景|糸島


菜の花畑を見に行こう

糸島に絶景の菜の花畑があるのをご存知だろうか?例年福岡では2月下旬頃から3月下旬頃に見頃を迎える菜の花。一面に広がる菜の花は、まさに黄色い絨毯。春はもうすぐそこまで来ている。

福ふくの里

福ふくの里

一面の菜の花畑があるのは、糸島市二丈福井の直売所『福ふくの里』。福岡市中心部から車で30〜40分程度。電車なら筑肥線福吉駅から徒歩15分程度。

_____________
福ふくの里
福岡県糸島市二丈福井6333
Google Mapで開く

 

菜の花畑

福ふくの里の菜の花

直売所の目の前に広がる菜の花畑。農閑期の田んぼに約5万本の菜の花が咲く。

福ふくの里の菜の花

見頃の時期には、カメラを片手に多くの人が訪れる。菜の花の香りに包まれ、子どもたちのはしゃぐ声が響く。

菜の花展望台

菜の花を存分に楽しんでもらうために建てられた展望台。下が見えて、ちょっと揺れるので、渡る時は少しだけ勇気がいるが、ここからの眺めは絶景だ。

 

電車と菜の花

電車と菜の花

菜の花畑のすぐ隣を走るのはJR筑肥線。踏切の音が鳴り出したらシャッタチャンスだ。

電車と菜の花

菜の花と電車の組み合わせは、フォトジェニック。お気に入りの一枚が撮れたら、すぐにInstagramにアップ。

 

駐車場の河津桜

河津桜と菜の花

駐車場には、河津桜が並ぶ。

河津桜と菜の花

菜の花の黄色、河津桜のピンク、山々の緑が美しいコントラストを見せる。

 

名物の「糸島はるか」

福ふくの里

存分に菜の花を堪能したら、直売所の中へ。

福ふくの里の野菜

福ふくの里の野菜

糸島の直売所だけあって、新鮮な野菜や魚が低価格で販売されている。

糸島はるか

福ふくの里の名物は「糸島はるか」だ。約20年前に品種登録され、“奇跡の柑橘”とも呼ばれているという。酸味が控えめで、爽やかな香りと甘さが特徴。その濃厚な100%ジュースは、絶対買っておきたい一品だ。クリームサンドなど、糸島はるかを使ったオリジナル商品もおすすめ。

菜の花摘み

1袋100円で、菜の花の摘み放題も実施されている。食用なので、花ではなく脇芽を摘む。

 

その他の菜の花スポット

菜の花と言えば、福岡空港の滑走路北側も絶景スポット。福ふくの里が「菜の花と電車」なら、こちらは「菜の花と飛行機」。間違いなく絵になる写真が撮れる。

 

おすすめの周辺スポット

福ふくの里に行ったら、合わせて行きたい周辺スポットはこちら。

糸島で海を目の前にして食べる本格タイ料理「ドゥワンチャン」

sumi cafe – 糸島の古民家カフェで食べる感動の極上プリン

「加茂ゆらりんこ橋」から「明神の滝」まで手軽にプチハイキング!