ふきやのお好み焼き「肉玉」は博多のソウルフード!特製ソースとマヨネーズが決め手!|天神


ふきや お好み焼き

「ふきや」のお好み焼きは、まさに博多のソウルフードのひとつ。

広島風でも関西風でもない、博多のお好み焼き。

あの「どっしり」、「こってり」な感じがクセになり、無性に食べたくなる日が定期的にやってくる。

福岡市内に店舗がいくつかあるが、今回紹介するのは、地下鉄天神駅から徒歩1分の「ふきや 福ビル地下店」。

昼時は毎日行列ができる人気店だ。

オススメは、不動の人気No.1「肉玉子 (650円)」。

サイズは、追加料金なしで、「大きめ」や「特大」にすることが可能。(※写真は普通サイズです)

ちなみに、普通サイズでも十分なボリュームだが、「肉玉おおきめで!」と言えば、ツウっぽさが出る。

お客さんが女性の場合、お店の人が「肉玉ひとつ、女性です!」とオーダーし、小さめサイズで出てくる心遣いも。

お好み焼きは、大きな鉄板の上で、時間をかけて焼き上げられていく。

待っている間も、香ばしい鰹節のにおいが食欲を掻き立てる。

表面はカリッとしていて、中は、ずっしりと重みのあるお好み焼き。

ふきや ソースとマヨネーズ

ふきやのお好み焼きを語る上で欠かせないのが、この特性のソースとマヨネーズ。

どろっとした甘めのソースは、こってりしていて、クセになる。

ねっとりとしたマヨネーズは、酸味が控えめで、意外とさっぱりしているので、ソースと良い感じに中和される。

ふきや

この自家製のソースとマヨネーズはファンも多く、この味が博多っ子を虜にしているのだ。

ふきやは、テイクアウトも可能。

お持ち帰りのことをふきやでは、「かぶり」と言う。

もともと長崎の方言のようだが、どこのお店でも使う方言ではないので、「かぶり」を知らない福岡県民も意外と多い。